人気ブログランキング | 話題のタグを見る

【新藤修一の仕事場】から月例展を独立させました。
by snd_ph
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
タグ
(22)
(22)
(22)
(22)
(22)
(22)
(20)
(20)
(20)
(18)
(18)
(17)
(17)
(17)
(16)
(15)
(14)
(14)
(14)
(14)
カテゴリ
全体
管理人
参加作品
以前の記事
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
5: 東京のZAM20氏
5: 東京のZAM20氏_b0173807_105594.jpg
新藤 修一 様

おはようございます。東京のZAM20です。今月の月例をお送りいたします。よろしく御願いいたします。タイトルは立春の卵です。

2月で不思議と言われたら、立春にちなんだ、これしかないと鏡の上に立てた卵を撮影しました。鏡は厚さ1mmの薄めのもので、後ろには黒い紙を置いています。「立春の卵」という文字を白抜きで入れたのも作ってみたのですが、バランスが取れず、文字なしのものをお送りすることにいたしました。
使った卵は少し赤みがかかったものですが、家の在庫を使ったためで、白い卵でも問題なく立ちます。

「立春の卵」は中谷宇吉郎の有名な随筆のタイトルで、昭和22年の立春に卵が立つ話が新聞に掲載されたのに触発されて同年4月の世界で発表したものです。中谷は随筆の中で立春以外でも卵が立つことと卵が立つ理由を説明していますが、最後に人々が卵は立たないと思っていたことは人類の盲点というべきもので、他にも盲点があるだろうとしています。60年以上たっても色あせぬこの随筆、岩波文庫の中谷宇吉郎随筆集に収められています。お読みになったことのない人は是非どうぞ。

http://mmlnp.exblog.jp/


よろしく御願いいたします。





ZAM20さま、こんばんは。
「立春の卵」は中谷宇吉郎・・・申し訳ありません。存じ上げませんでした。
「卵は立春に限らず、いつでも立てることが出来る。新鮮な卵の表面にある3点以上の出っ張りを足として卵を支え、卵の重心をそこに落とすべく、少しだけ根気よく作業すれば、生卵であっても、ゆで卵であっても、(先端が丸い方を下にしても、先端がとがっている方を下にしても ← これは中谷は言っていないかもしれない。WEB上でこの写真を紹介しているところもあった)立つのである。」と言うことなのですね?
と言うことは・・・全ての卵が立つのか・・・??
しかしながら細工無しでこのように立つこと、矢張り不思議です。

面白い題材、有り難うございました。
by snd_ph | 2010-02-05 01:09 | 参加作品
<< 6: 東京の勝俣さん 4: 和歌山のfoo氏 >>