【新藤修一の仕事場】から月例展を独立させました。
by snd_ph
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
タグ
(22)
(22)
(22)
(22)
(22)
(22)
(20)
(20)
(20)
(18)
(18)
(18)
(17)
(17)
(17)
(16)
(15)
(14)
(14)
(14)
カテゴリ
全体
管理人
参加作品
以前の記事
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
最新のトラックバック
TB
from たこの庭には帰れない
これは何蚤でしょうか
from 七匹目のどじょう
マクロ
from ヨンイチマルログ
OLYMPUS デジタル..
from 本ナビ!映画ナビ!音楽ナビ!3
さくらんぼ
from 今夜もeat it
「陶磁器」
from Ayshのフォトログ ~右手..
陶磁器
from ヨンイチマルログ
おやつ
from One year later..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
9: 白ヒゲ@新藤修一
b0173807_17104947.jpg
ZAM20さま、殆どパクリですね。申し訳ありません、お許しの程を。
さて私が使用したバルブは、ハロゲンランプ。(一応白熱電球ということで)
100v500w、120v650w、ボディには懐かしくRDSとプリントされております。
今でも時々使用する写真電気工業製RIFAの予備バルブです。
(普段は1kwのハロゲンが装着されてますので、未使用ですね)
流石ハロゲンと言うべきか、ボディはバルブの最もふくらんだ部分で直径が22mm。
点灯させるとフィラメントは勿論のこと、ガラス部分さえホンノリと赤く光り出します。

白熱電球の効率って10%程らしいですね。
残りは殆ど熱になってしまう。
 料理用や暖房用のハロゲンヒーターがあるくらいですから、頷けます。笑

モスクの尖塔の様なカワイイデザインですが、これらもそう遠くないうちに
廃盤になってしまうのでしょうか?
[PR]
by snd_ph | 2010-05-17 17:21 | 参加作品
<< 10: 東京の勝俣さん 8: 東京のZAM20氏 >>