【新藤修一の仕事場】から月例展を独立させました。
by snd_ph
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
タグ
(22)
(22)
(22)
(22)
(22)
(22)
(20)
(20)
(20)
(18)
(18)
(18)
(17)
(17)
(17)
(16)
(15)
(14)
(14)
(14)
カテゴリ
全体
管理人
参加作品
以前の記事
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
最新のトラックバック
TB
from たこの庭には帰れない
これは何蚤でしょうか
from 七匹目のどじょう
マクロ
from ヨンイチマルログ
OLYMPUS デジタル..
from 本ナビ!映画ナビ!音楽ナビ!3
さくらんぼ
from 今夜もeat it
「陶磁器」
from Ayshのフォトログ ~右手..
陶磁器
from ヨンイチマルログ
おやつ
from One year later..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
5: 東京のZAM20氏
b0173807_1545546.jpg
新藤 修一 様

おはようございます。東京のZAM20です。先月に引き続きよろしく御願いいたします。

写真は、ベランダで育てているナスの守護神だったテントウムシの幼虫です。
どこからともなく現れたアブラムシに手をやいていたら、どこからともなく現れて、アブラムシを食べてくれました。
「守護神だった」と過去形なのは、その後、蛹になってテントウムシになって居なくなってしまったためで、早く2代目が現れないかと心待ちにしているところです。

Olympus E-3 ZD35mm F3.5 F7.1 1/250 ISO 250

直射光のみだと影がきついので小さなレフ板で横から光を当てていたら、それが気に入らないのか光を避けるように動き出した中の一枚です。
それにしても、これだけの大きさで、自発的に動いて、自らエネルギーを獲得して、そして、形態をかえるのですから、たいした物だと思います。これに比べると人間の作るロボットなんてまだまだですね。

http://mmlnp.exblog.jp/

どうぞ、よろしく御願いいたします。





ZAM20さま、こんにちは。
テントウムシの幼虫ってこんな風だったんですね。
幼虫と成虫の姿の相違には何時も驚かされます。
そして仰せのように自然界の仕組みの素晴らしさに驚かされます。

さて作品ですが、僅かに前ピン・・・惜しいですね。
正統派の虫だけに残念。
[PR]
by snd_ph | 2010-06-12 15:50 | 参加作品
<< 6: スペインの丸山氏 4: 岩屋光俊氏 >>