【新藤修一の仕事場】から月例展を独立させました。
by snd_ph
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
タグ
(22)
(22)
(22)
(22)
(22)
(22)
(20)
(20)
(20)
(18)
(18)
(18)
(17)
(17)
(17)
(16)
(15)
(14)
(14)
(14)
カテゴリ
全体
管理人
参加作品
以前の記事
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
最新のトラックバック
TB
from たこの庭には帰れない
これは何蚤でしょうか
from 七匹目のどじょう
マクロ
from ヨンイチマルログ
OLYMPUS デジタル..
from 本ナビ!映画ナビ!音楽ナビ!3
さくらんぼ
from 今夜もeat it
「陶磁器」
from Ayshのフォトログ ~右手..
陶磁器
from ヨンイチマルログ
おやつ
from One year later..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:東京のZAM20氏 ( 9 ) タグの人気記事
7: 東京のZAM20氏
b0173807_18595296.jpg
新藤 修一 様

こんにちは、東京のZAM20です。7月の写真をお送りいたします。どうぞ、よろしく御願いいたします。

写真は出先での一枚です。
まだ日は出ていますが、時間は夜の7時半過ぎで、宿に戻る途中の公園での一枚です。まだ日射しがあるので、木の下に座って本を読む少女や、遊び足りないのが不満な子どもをつれて家に帰る親子連れなどとすれ違いました。時間がゆっくりと流れている印象があります。その時間の中で、散歩をする親子連れだと思います。ストックを手に持っているので、あるいは何かのトレーニングなのかもしれません。

リコーGX-200
5.1mm F3.6 1/111 ISO64
もとの画像は、水平線が傾いて、またブレがあったので、傾きを補正して、少しシャープにしています。そういえば、先月の写真も実はピントではなく被写体ブレなのかなという気もしています。

よろしく御願いいたします。

http://mmlnp.exblog.jp/


白ヒゲ:
[PR]
by snd_ph | 2010-07-17 19:12 | 参加作品
5: 東京のZAM20氏
b0173807_1545546.jpg
新藤 修一 様

おはようございます。東京のZAM20です。先月に引き続きよろしく御願いいたします。

写真は、ベランダで育てているナスの守護神だったテントウムシの幼虫です。
どこからともなく現れたアブラムシに手をやいていたら、どこからともなく現れて、アブラムシを食べてくれました。
「守護神だった」と過去形なのは、その後、蛹になってテントウムシになって居なくなってしまったためで、早く2代目が現れないかと心待ちにしているところです。

Olympus E-3 ZD35mm F3.5 F7.1 1/250 ISO 250

直射光のみだと影がきついので小さなレフ板で横から光を当てていたら、それが気に入らないのか光を避けるように動き出した中の一枚です。
それにしても、これだけの大きさで、自発的に動いて、自らエネルギーを獲得して、そして、形態をかえるのですから、たいした物だと思います。これに比べると人間の作るロボットなんてまだまだですね。

http://mmlnp.exblog.jp/

どうぞ、よろしく御願いいたします。


白ヒゲ:
[PR]
by snd_ph | 2010-06-12 15:50 | 参加作品
8: 東京のZAM20氏
b0173807_2263297.jpg
新藤 修一 様

今晩は、東京のZAM20です。2月以来の月例応募になります。
白熱電球というタイトルを拝見して、分光写真にしようかと思ったのですが、キャプションなしだとなんだか分からない写真になってしまうので、それは、

http://mmlnp.exblog.jp/11899859/

をご覧頂くことにして、旧型の顕微鏡用ランプを題材にしました。
このランプは、暫く前に家にやってきた中古の顕微鏡用照明装置の中に入っていたもので、一応、ニコンでもオリンパスでも顕微鏡のカタログには掲載されている現行商品ですが、30年前にハロゲンランプにとって替わられて、ほぼ使われなくなった種類の品です。
顕微鏡写真を取るときにランプに定格以上の電圧をかける事があるのですが、この電球も、前の使用者によって、そんな仕打ちを受けたようで、フィラメントが蒸発して管内面に模様を作っていました。やってきた当初は点灯したのですが、割とすぐに断線してしまい、捨てるのに忍びなく取っておいたら、白熱球というお題が来た次第です。


よろしく御願いいたします。


白ヒゲ:
[PR]
by snd_ph | 2010-05-16 22:12 | 参加作品
5: 東京のZAM20氏
b0173807_105594.jpg
新藤 修一 様

おはようございます。東京のZAM20です。今月の月例をお送りいたします。よろしく御願いいたします。タイトルは立春の卵です。

2月で不思議と言われたら、立春にちなんだ、これしかないと鏡の上に立てた卵を撮影しました。鏡は厚さ1mmの薄めのもので、後ろには黒い紙を置いています。「立春の卵」という文字を白抜きで入れたのも作ってみたのですが、バランスが取れず、文字なしのものをお送りすることにいたしました。
使った卵は少し赤みがかかったものですが、家の在庫を使ったためで、白い卵でも問題なく立ちます。

「立春の卵」は中谷宇吉郎の有名な随筆のタイトルで、昭和22年の立春に卵が立つ話が新聞に掲載されたのに触発されて同年4月の世界で発表したものです。中谷は随筆の中で立春以外でも卵が立つことと卵が立つ理由を説明していますが、最後に人々が卵は立たないと思っていたことは人類の盲点というべきもので、他にも盲点があるだろうとしています。60年以上たっても色あせぬこの随筆、岩波文庫の中谷宇吉郎随筆集に収められています。お読みになったことのない人は是非どうぞ。

http://mmlnp.exblog.jp/


よろしく御願いいたします。


白ヒゲ:
[PR]
by snd_ph | 2010-02-05 01:09 | 参加作品
17: 東京のZAM20氏
b0173807_0555491.jpg
新藤 修一 様

今日は、東京のZAM20です。今年最後の月例をお送りいたします。よろしく御願いいたします。

フェリドン(フェニドン)と無水亜硫酸ナトリウムです。この2つのみでPOTAという超柔調現像液が作れます。この現像液でミニコピーをISO4程度で撮影したものを現像すると、極めて微粒子で普通の印画紙で伸ばせる程度の調子のネガに仕上がります。
が、10月にミニコピーが製造中止になり、気がつくのが遅れたために流通在庫を確保し損ねてしまい、薬品はあるのにフィルムが存在しないという状況になってしまいました。

撮影は、蛍光灯2灯で左右から照らして、真中に影の交点を持ってくるようにしました。撮影したからPC上で見て配置を調整しています。デジタルカメラはその場で画像の確認が出来るで非常に便利なもので、もし、フィルムカメラしか持っていなかったら、このように月例に応募しようと思うことさえなかったと思います。
そういう意味では、デジタル化されて、便利になってやれることが拡がっているわけですが、その一方で、失われた・出来なくなったことがあるのだとミニコピーの製造中止で改めて感じた次第です。例えば、製図ペンで描いた図をミニコピーで普通に現像して簡易のフォトマスクにするなんていうことはもう出来ないわけで、決してデジタルで銀塩プロセスのすべてをカバーできているわけではないのです。そして、同じような、需用は多くないけれども、ちょっと面白いことが、デジタルの圧倒的な便利さの前に消えて行っているように感じています。感じたところで何かをできているわけではないのですが…

E3 ZD12-60

http://mmlnp.exblog.jp/

よろしく御願いいたします。
よいお年を。


白ヒゲ:
[PR]
by snd_ph | 2009-12-30 01:01 | 参加作品
21: 東京のZAM20氏
b0173807_14355644.jpg
新藤 修一 様

今日は、東京のZAM20です。久しぶりに月例に応募いたします。よろしく御願いいたします。

被写体はロマネスコという野菜です。カリフラワーの一種ですが、フラクタルな(部分を拡大しても最初と同じように見える)野菜として一部で有名です。本当に拡大していっても同じなのかを、あきらめずに(という割には4枚で終わっていますが)試みたものです。
※ロマネスコは目黒駅地下の八百屋で入手しました。今月初めに新潟産のが出ており、それも買ってきて撮影したのですが色味が合わなくて気に入らず、取り直そうと思ったのに、その後は見かけずにあきらめかけていたのですが、27日の金曜日に北海道産のが出てきたので、再度入手して間に合わすことが出来ました。

左上が全体像。右上が全体から房を一つ取り出した子どもの代、右下が孫の代、そして、左下がひ孫の代です。左下の撮影倍率は2倍程度です。
照明は、OMシステムのかさつきリングフラッシュです。

E3 ZD35mm F3.5(上2つ) ZuikoAutoMacro80mm F4 (下2つ)

http://mmlnp.exblog.jp/

よろしく御願いいたします。


白ヒゲ:
[PR]
by snd_ph | 2009-11-29 17:08 | 参加作品
44: 東京のZAM20氏
b0173807_23394523.jpg
新藤 修一 様

今晩は。東京のZAM20です。今月もよろしく御願いいたします。
接写というお題を前に、何を撮影するかが思いつかずにいたのですが、別件で撮影した写真を、被写体が少し珍しいかもしれないので、お送りすることにしました。
撮影対象は、大昔にあるメーカーが作った、液晶のデモキットで、理科の教科書に載せる写真を意図しています。一緒の載せるキャプションは以下のようになるだろうと思います。

「写真は左から液体・液晶・結晶(固体)である。液晶は、液体と結晶の中間状態で、液晶状態の物質を加熱すると普通の液体に変化し、冷却すると結晶に変化する。
液晶は液体のように流動性があるので、図の中央の液晶の上面は液体と同じように試験管の傾きに影響されず水平になっている。一方、液体とは異なり光を強く散乱するので、白濁して見える。加熱により液晶が普通の液体に変化すると液は透明になる。この変化が生じる温度を透明点とも呼ぶ。液体のなかと液晶の中にある赤と緑の物体は、それぞれの流動性や透明性をよく確認できるようにするための着色硝子球で、資料とは直接の関係はない。」

E3 50mm F8 撮影倍率は1/10程度です。試験管は透明な両面テープでナングレアガラスのようなアクリル板に貼り付けて宙にうかし、少し離れた後ろに青い紙をおいて、その紙を蛍光灯で照明するとともに、下方からトレーシングペーパーを通して蛍光灯で照明しています。

http://mmlnp.exblog.jp/
よろしく御願いいたします。


白ヒゲ:
[PR]
by snd_ph | 2009-07-27 23:48 | 参加作品
14: 東京のZAM20氏
b0173807_17283299.jpg
新藤 修一 様

今晩は。東京のZAM20です。今月もよろしく御願いいたします。陶磁器というお題が出たときは、ぐい呑みが頭にあったのですが、2ヶ月の間にだんだんと、工業用陶磁器に気分がシフトしました。碍子なんか面白いと思ったのですが、手元になく、セラミックコンデンサやICパッケージは、意味不明になりそうだし…と思案していましたが、別件で寄った東急ハンズで蒸発皿を目にして「そうだ、実験やろう!」というコピーを思いつき、その線で動き始めました。コピーにあわせるべく、蒸発皿と乳鉢と顔料の粉を組み合わせを試みましたが、まとめられず、コピーなしのセラミック付き金網上の蒸発皿になりました。
蒸発皿の中にオレンジ色の蛍光ペンインクをいれて、上からLED懐中電灯で蛍光ペンインクのみを照らしています。他の光は遮断しています。

E3 12-60mm、52mm F10 1/3 ISO800 露出補正-0.3、ホワイトバランスはオートで、カメラのjpegのままですが、懐中電灯の部品が画面に入ったため、後でそこを塗りつぶしています。
http://mmlnp.exblog.jp/
よろしく御願いいたします。


白ヒゲ:ZAM20さま、こんばんは。
蒸発皿に蛍光ペンインク・・・美しく仕上がりましたね。
その道のりと工夫に拍手です。暗部の締まりが僅かにビミョーですが、それも味のうちでしょうか。
座布団1枚進呈です。有り難うございました。
[PR]
by snd_ph | 2009-06-14 17:35 | 参加作品
24: 東京のZAM20氏
b0173807_2359582.jpg
新藤 修一 様

今晩は。東京のZAM20です。写真は短焦点マクロレンズで撮影したビタミンCです。そのままではコントラストは付かないので、2枚の偏光板ではさんでコントラストを出しています。この手の写真は、秋山実さんが有名で秋山さんのサイトには、もっと美しい偏光顕微鏡写真がいろいろと掲載されています。
今回の写真は普通の直線偏光板ではなく、円偏光板を組み合わせて撮影しています。このため、結晶の方向による明暗が存在しない写真になっています。
ビタミンCは温水に溶かした後に、常温のガラスの上に拡げて結晶を析出させています。
レンズはZuikoAutoMacro20mmF2、アダプターでE3につないで撮影しています。レンズ自体に偏光フィルターをつけるのが困難なので、レンズとボディーの間(エクステンションチューブの中)に円偏光フィルターを入れて撮影しています。撮影倍率は9倍程度です。
http://mmlnp.exblog.jp/

よろしく御願いいたします。


白ヒゲ:ZAM20さま、こんばんは。今回の作品、面白いですね〜。
段々畑と、険しい谷を組み合わせたような不思議な風景です。
ここがビタミンCですか! 接写もここまで来ると非現実的な世界ですね。
座布団1/2枚進呈します。
[PR]
by snd_ph | 2009-05-25 00:04 | 参加作品